記事リスト

学べる内容

女性

基礎から応用まで

将来、料理の道に本格的に進みたいと考えるなら、調理師専門学校に通って基本からしっかり学ぶと良いでしょう。通常、調理師専門学校は1年制か2年制があります。1年制では食品学や公衆衛生学などの座学に加え、調理技術を基礎から最新まで1年間で詰め込んで学びます。2年制では1年目に和・洋・中とひととおりの料理に関して学んだあと、2年目に中華や和食、フレンチなどそれぞれが希望する専門分野に進学して学ぶのが一般的です。早く現場に出て働きながら実践的な技術を身に着けていきたいのであれば1年制を、より高い専門性を身に着けたいのであれば2年制を選ぶと良いでしょう。料理に関する技術は、実習を通して習得し磨いていきます。料理に関する知識も大切ですが、料理の技術は作ることでしか上達しないため、実習事業はとても大切です。専攻する料理に応じて、フランス語やイタリア語、中国語などの語学の授業を行うところもあります。本場の料理を知るためにフランスやイタリア、中国への海外研修を実施するところも。また、料理専門学校によっては、料理に関する授業だけでなく経営学やフードビジネスなどを学ぶこともあります。この知識は、将来自分のお店をもったときに役立つでしょう。独立開業することも考えている人におすすめです。手厚い就職支援や開業サポートの体制が整っているところが多いのも、調理師専門学校の特徴です。カウンセリングを行ってアドバイスをしてくれたり、提携レストランに斡旋してくれたりと、サポートを受けられることが多いです。