記事リスト

選ぶときの基準とは

女性

就職サポートもチェック

料理に携わる仕事がしたいのならば、専門学校に通うのも一つの手です。料理の専門学校は全国にあり、その内容は千差万別です。料理の専門学校に通うと調理師免許が無試験で取れるところが多いのですが、調理師免許は調理の腕を保証するものではないので実は就職にそこまで影響しません。就職に重要なのは料理の腕と、就職してからの吸収具合や成長度合いです。専門学校に通っておくことである程度の基礎と熱意があることが見込め、就職に有利になるのは間違いありません。数ある学校から進学先を決めるには、自分なりの基準を持っておくのが大事です。基準としてはカリキュラム、知名度、立地、学費、卒業後の進路、就職のサポートなどがあります。どれを重視するのか自分の中で考えておくことが必要です。料理の専門学校は比較的学費が高いので、学費については事前によく確認しておく必要があります。奨学金があるところもあるので、学費が気になる人はチェックしておきましょう。基本的に材料の質がよくなり高額になるほど学費も高くなるため、高級店に就職したい場合はある程度の学費は必要となります。また知名度は就職のしやすさやカリキュラムの質の高さにも関係してきます。知名度があるところは過去の就職実績も優れていることが多く、サポートも充実していることが多いです。とはいえそれは傾向であり、具体的なサポートについてもきちんと確認してから決めるべきでしょう。オープンキャンパスなどで雰囲気を確認しておくのも重要です。