記事リスト

女性

学べる内容

調理師専門学校には1年制と2年制があります。1年制は料理の基本から応用までを1年間でみっちり学び、2年制は1年次に基礎を、2年次には各専攻にわかれて専門分野の深い技術を習得します。実習が多いのが特徴で、海外研修を実施するところもあります。

バリスタ

学べることとは

バリスタの知識や技術は、カフェや製菓、調理師専門学校のバリスタ科やカフェ科などで学ぶことができます。実習や模擬店舗などを通して基本的なドリンクやカフェ、デザートの調理技術、コーヒー豆の知識や淹れ方、接客マナー、ショップワークなどを習得します。海外研修を行っている学校もあります。

野菜を切る

様々なジャンルが学べる

料理の専門学校に行くメリットは、様々なジャンルの調理が学べることがあげられますし、調理師などの免許が取得できることもあげられます。卒業後の進路もありますので、就職のサポートがしっかり行われているかも確かめておきましょう。

RECOMMEND POST

女性

学べる内容

調理師専門学校には1年制と2年制があります。1年制は料理の基本から応用までを1年間でみっちり学び、2年制は1年次に基礎を、2年次には各専攻にわかれて専門分野の深い技術を習得します。実習が多いのが特徴で、海外研修を実施するところもあります。

バリスタ

学べることとは

バリスタの知識や技術は、カフェや製菓、調理師専門学校のバリスタ科やカフェ科などで学ぶことができます。実習や模擬店舗などを通して基本的なドリンクやカフェ、デザートの調理技術、コーヒー豆の知識や淹れ方、接客マナー、ショップワークなどを習得します。海外研修を行っている学校もあります。

費用の相場は

女性

どのくらいかかるか

バリスタは、専門知識を生かしてコーヒーを最高の状態で淹れるエキスパートのことです。これはイタリア語で、イタリアではバールで働く人のことで、主にエスプレッソコーヒーを淹れる仕事をしています。しかし日本ではまだまだ認知度は高くないのが実情で、日本のカフェやレストランでバリスタとして働く場合は、コーヒー以外のドリンクやカフェフードを作ったり、接客を行ったりもします。日本にはバリスタ専門学校はなく、カフェや製菓、調理師専門学校にあるバリスタ科やカフェ科、パティシエ科などで学んで、カフェやレストランビジネスに必要な知識を身に着けてバリスタを目指すことになります。専門学校には1年制と2年制があります。専門分野の知識を深めたいのであれば、2年制の学校に進学する方が良いでしょう。かかる費用は、各学校やコースによって異なりますが、初年度で150万円〜180万円が相場です。これは入学金・授業料・設備利用費・実習費などを含んだ費用。実習費に関しては別途必要となることもあります。2年目は初年度と同程度か、やや少なめの金額となります。また、海外研修を行っている学校もあり、参加する場合はその費用も別途支払いが必要となります。多くの学校で、一括払いだけではなく分納や教育ローンの利用を認めています。また優秀な成績であれば奨学金制度や特待生制度を利用できることも。学費の捻出が難しい場合は、まずは学校に相談してみると良いでしょう。また、このようなバリスタの専門学校だけでなく、ゲームクリエイターの専門学校でもこのような制度を設けている場合があります。ゲームクリエイターになるには専門知識が必要になるので、バリスタを目指している人同様に専門学校への入学がおすすめです。専門学校でも、最近では高校卒業資格が得られる専門の高校というのも存在します。若いうちからしっかりと技術や知識を学ぶことで、卒業してすぐに仕事に就くなど実務経験を豊富に積むことができます。中学生の段階で将来の夢が決まっているのであれば、専門の高校というのも視野に入れておくといいでしょう。

男女

就職にも有利

バリスタになるためにはカフェで働くという方法がありますが、より正確な知識や技術を学びたいという場合には専門学校に通う方法があります。専門学校ではドリンクメニューだけではなくフードメニューについても学ぶこと出来るだけではなく、バリスタに関わる資格の取得も出来るので就職に有利に働くことがあります。

女性

選ぶときの基準とは

料理の道に進もうとするのならば専門学校に通うのもおすすめです。どこに通うか決めるためには自分なりの基準を持っておくのが大切です。学費、カリキュラム、知名度、立地、卒業後の進路、就職サポートなどについて優先すべき点を考えておくとよいでしょう。